マイクロストック、投稿型ストックフォト、または投稿型素材写真サイトの話

ストックフォト業界 特に投稿型ストックフォトの裏話が中心になります

4K動画と、フルハイビジョン2K動画=Full HD(1080P)って、劇的に差があるの?

これもパソコンも、近距離で文字打ちディスプレイに使うモニター用途なら、大型サイズ、きちんと対応しているソフトを使う事が前提ですが、800万画素の4Kモニターのほうが、いわゆる200万画素の2K=Full HDモニターより良く見えることがあります。

ただし、少し離れてみる映画やドラマやアニメを見る、テレビとして使う場合、番組がfull HD(1080p 2K)だろうが、4Kだろうが、実際に鑑賞する条件でほとんど差に気がつくことはない。

もともと50インチテレビで、近づいてじっとよく見れば、200万画素の1080p=フルHD=2Kと、4Kテレビの違いがわかりだすとう言うクラスの話ですが、ネットには4Kを買わせたい人とか、意味のない高画素カメラかってそれを正当化したい人達がいる。

ので、ネットの市民ふりしたステマブログなどでは、4Kテレビを買ったらドラマが高精度で、さすが高解像、大迫力と書き立てる人が多いですよね?

でも

実際は、2K=フルHD=1080pと、4K動画の差は、いわゆるドラマとか映画で、一般人が見る環境ではほとんど差を感じることはないという話が下にまとめられています。彼自体は等倍厨なので、4Kで撮影してるが、2K=1080pで撮影したって、実際一般人の使う再生環境では違いを感じることはほぼない。それこそ2Kで撮影した動画を4Kに変換(俗に言う2Kアプコン)しても、その拡大ソフトが優秀なら、4Kで撮影したかどうかはほとんどわからないだろうということです。まあ、これ、そもそも4Kテレビがでたときから言われてることを、再確認してるだけの動画ですがw

Can you REALLY SEE the DIFFERENCE 1080 VS 4K?

特に小さいスマホでしか見ないなら、100万画素の720pのHD動画でも、4K動画との差を見出すことは困難。ただ、彼が使っているSony A7IIIでは720pで動画を録画すると緑浮きが強くなるということを話しています。


720p  1280×720(ハイビジョン画質 = HD)約100万画素

1080p  1920×1080(フルハイビジョン画質 = フルHD)約200万画素   *厳密には2Kではないですが、この規格がポピュラー

2160p  3840×2160(4K)約800万画素

 

ところで、720pのPってなに意味するか知ってます?意外と知らないでいる人も、ハイアマチュアとか、個人規模なら業者にも少なくないと思いますが、こういうのをヒョイと突っついて、学力が危ない、と検定試験業者がもうけたがったり、国家検定で国民を煙に巻くんですよ。習えばすぐわかることです。

この前の記事で書きましたように、日本では地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所に同じ罪状で3回裁判できることを、一回の裁判とみなして問題ないとしてますが、どうしたら三回が一回になるのか、日本の法律界の独自解釈の判決は、この点全く説明できないという笑える判例が、最高裁の判例として法律のようにまかり通っている。

他人の試験をするより日本語を習い直した方が良いのが司法試験作成関係者ですねw


4Kテレビ(約800万画素)と8Kテレビ(約3300万画素)って差があるの?

4K(800万画素)じゃなくて、200万画素のFHD(フルハイビジョン)で動画撮影しても作品になるの?ハリウッド映画は今でもほとんどFHD=2K=200万画素の世界です

4Kテレビ(約800万画素)と8Kテレビ(約3300万画素)って差があるの?

コンピューターで、細かい文字などの文章を表示するコンピューターディスプレイとして使うなら、100型くらいで、4Kと8Kディスプレイの差がよく見ればわかると言われいています。

ただ、アニメやドラマ、映画などの普通の番組を65インチくらいの大きさのテレビで見る分には、4Kも8Kもなんにも変わらないというのが実情です。

4K vs. 8K: Samsung Q90R vs Q900 | What’s the difference?

4Kは800万画素、8Kは3300万画素だから、さぞかし8Kテレビは…

と思いたくなるでしょうが、

上の動画では、65インチテレビでの比較ですが、

右に4Kテレビ、左に8Kテレビをおいて比較してます

このサイズだと、解像やその他の面で、何の違いも見いだせない。82インチクラスになると、8Kテレビは多分違いがわかるかもしれないが、価格差の価値があるのかは微妙と答えています。また実際はテレビとして使う場合は、少し離れて見るので、4Kだろうが8K、あるいは200万画素の1080p=2Kでも、何も変わらないでしょうという見解です。

65インチのサイズのテレビには、4K(800万画素)以上あっても実際は無駄で、3300万画素、8Kテレビは無駄というのがこの動画の解説。

家庭用のテレビ用途だと、8Kテレビはほとんど用なし。コンピューターディスプレイで文字打ちするなら、あるいはというとこですね。


4K動画と、フルハイビジョン2K動画=Full HD(1080P)って、劇的に差があるの?

Canon EOS R6 Nikon Z5とともにソニーに撃沈か?

4K(800万画素)じゃなくて、200万画素のFHD(フルハイビジョン)で動画撮影しても作品になるの?ハリウッド映画は今でもほとんどFHD=2K=200万画素の世界です

シンプソン事件で話題となった一旦無罪判決が出れば、刑事裁判は一事不再理の原則で無罪判決が確定する(ただし、同じ事件での民事裁判は州によっては認められる)

アメリカなどでは、殺人などの犯罪の裁判の場合、最高裁判所などの上級裁判所に裁判が進むのは、下級裁判所で有罪がでたが、その量刑に検察もしくは被告が異議がある場合だけです。懲役8年は不当だとか、俺は有罪とでたが、やはり無罪だ、罰金が多すぎとかいう場合しか上告はできない。

日本国憲法でも、

第三十九条
何人も、実行の時に適法であつた行為又は既に無罪とされた行為については、刑事上の責任を問はれない。又、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問はれない。

となっており、同一の犯罪容疑で、一度一番最初の地方裁判所で無罪になった場合は、高等裁判所や最高裁判所へ上告できない、無罪確定になるとも解釈できる条文があります。

しかし、日本国憲法が施行されてすぐ、裁判所は、同じ罪で無罪となった場合でも、憲法の二度裁かれないというのは、検察が高等裁判所や、さらに最高裁判所での三回目の判決を待つまでは、一回の危険であるとして、2回裁かれることとはならないと判例を出し、

日本で言う、一回の裁判とは、地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所まで一通り全部の裁判が終わったまでを含むと解釈されてしまいます。まあ、原則高等裁判所や最高裁判所は、地方裁判所で行われた裁判記録にのっとって裁判をし、独自の新証拠採用や新証人は例外でしか呼ばないスタンスなので、最高裁判所までが一回の裁判だと言いたいんだろうけどw

このため、検察庁法にも、検察は地方裁判所で無罪とでた場合でも、高等裁判所、最高裁判所に持ち込んで、徹底的に戦うことを許すこととなり、裁判が長期化している弊害があります。

ところでこれもアメリカのGHQが日本の憲法の下書きを書いたので、アメリカGHQの草案には、

Article XXXVII.No person shall be declared guilty of a crime except by a court of competent jurisdiction.No person shall be twice placed in jeopardy for the same offense.

37条 管轄権のある裁判所にのみによって、人は有罪を宣告される。同じ犯罪については二度危険にさらされてはならない。

とあったわけです

もともとは英語の文章で、twice placed in jeopardy 危険において二度 という意味で、

ケンブリッジ英英辞典では

https://dictionary.cambridge.org/ja/dictionary/learner-english/jeopardy

in danger of failing or being harmed:

となっており、転落の危険性、や害されることとの意味ですが、

司法関連英語では、裁判にかけられることを牢獄の危険とするため、 jeopardyは裁判のことを指す

Legal Dictionaryによれば、

https://dictionary.law.com/Default.aspx?selected=1037

particularly danger of being charged with or convicted of a particular crime. 特定の罪で起訴されたり、有罪を宣告される特定の危機

ので、 jeopardy=裁判なのですから、GHQの草案で2回 jeopardyしてはならないという規定は、下級裁判所で一回無罪がでた場合は、重ねて高等裁判所や最高裁判所にまで検察が上告して裁判を続けてはならないという意味であったわけです。

アメリカでは、Double Jeopardyは、二回の裁判ということと解釈されていて、とある裁判所で無罪となった場合、検察は上級裁判所に上告できないと解釈しています。twice placed in jeopardy もDouble Jeopardyも全く意味は同じ。

ちなみにアメリカの連邦憲法修正5条にはには、

nor shall any person be subject for the same offense to be twice put in jeopardy of life or limb

何人も同じ犯罪対象として、人生や手足の危険に、二度置かれることなし、

とあり、一回無罪がでた場合は、上級裁判所に検察が有罪だと上告することを禁止していると言う条文とされていますが、ほぼ同じ条文を原稿にした、日本の裁判所は、一回無罪とでても、高等裁判所や最高裁判所まで合計3回裁判してもいいという珍解釈を繰り返してきました。

同じ犯罪容疑で容疑者は、一審で無罪がでても、検察が勝ちにこだわって何回も裁判所に行く可能性があることは法の精神に反すると言う原則は、近代民主主義の産物ではなく、なんと古代ギリシャや古代ローマ時代からある古い概念だが、日本の、阿呆試験を隠れ蓑にしたバカ最高裁判所はそういった基礎知識もなく、地方裁判所から、最高裁までの上訴も一回の裁判とするという判例を出したw

この、同じ犯罪の容疑に関して、Double Jeopardyの禁止、裁判は2回行ってはならない、という原則は、古代ギリシャの民主ポリス時代から始まり、東ローマ帝国の皇帝ユスティニアヌス(在位527年 – 565年)がまとめさせた、ローマの帝国時代のローマ法Pandects(Digest)にも明記されている、一般市民から選ばれた代表が有罪か無罪かを決める陪審員裁判(イスラム文化にも移入された)と同じく、古代から続く法律の原則のようなものでした。

そう、一回裁判で無罪となったら、さらに有罪の可能性があるだろうと、もう一回裁判をしてはならないというのは、古代ギリシャやローマ時代からの常識なんです。

当然近代国家として生まれ変わろうとする日本も、この古代から続くローマ法の遺産をアメリカのGHQは持ち込みたかった。

このため、GHQの草案には、何人も同じ犯罪で二度裁判を受けることはないというのは、一回裁判所で無罪とされた場合は上級裁判所に有罪にするために裁判を持ち込んではならないと書いてあったわけです。

最終的に日本語とされて可決された 日本国憲法第39条にも

又、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問はれない。

重ねて責任を問われないとあるので、一回無罪とでた場合は、検察官がごねても、高等裁判所や、最高裁判所に行く理由はないのが、↑の条文を普通に読めばそうなります。

しかし、当時も若者の学力が~と騒ぐ老害たちは、法律基礎の学部生レベルの司法の英語の知識やローマ法から始まる歴史の長い法律の原則の教養がなかったのか、jeopardyを二度してはならないというのは、地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所までの3回裁判セットも一回の裁判とする解釈なら問題ないと考えちゃったわけです。

元の根拠の昭和24年の判例を引用した

最高裁判所第一小法廷 昭和31年(あ)4239号 判決

所論は、原判決が事実誤認を理由とする検事上訴を容れて第一審の無罪判決を破棄し被告人に対し有罪の言渡をしたのは憲法三九条、三七条一項に違反すると主張する。しかしながら、下級審における無罪又は有罪判決に対し、検察官が上訴をなし有罪又はより重き刑の判決を求めることは、被告人を二重の危険に曝すものでもなく、従ってまた憲法三九条に違反して重ねて刑事上の責任を問うものではないから、控訴裁判所が検察官の控訴を容れ、第一審で無罪となった事実を有罪としても憲法三九条に違反するものでないことは所論引用の当裁判所の判例(昭和二四年新(れ)二二号同二五年九月二七日大法廷判決、判例集四巻九号一八〇五頁以下、昭和二四年(れ)五九号同二五年一一月八日大法廷判決、判集四巻一一号二二一五頁以下参照

2回以上裁判をしても、同じ罪状なら、2度有罪の危険にさらされないという、変な日本語になっていますが、本来有罪判決を受けるような裁判を、同じ罪状で、2回も三回も行わされるのはだめという憲法成立の趣旨を全く無視し、地方裁判所と、高等裁判所と、最高裁判所までの三回の裁判を、全部で一回の裁判にかけられる危険と言い立てる、まさしく司法村は落語家漫才の世界と自己紹介。どう言っても、最高裁まで検察官が粘れば、3回裁判やることには違いなく、それがどうやったら一回の裁判になるかの、自分の言ってることの矛盾も説明しないトンズラで、説明も行わず(この時点で、阿呆試験(別名司法試験)を通ったら、こんな阿呆でも最高裁判事になれるのが日本の裁判所というのがよく分かる)、僕ちゃん最高裁判所の判事だから偉いんだぞ~という子供の屁理屈で、検察の上告を是とし、その上告を可能にしている法律の違憲性も論じない、まさしく日本語小学生の作文ですなw

これじゃカルロス・ゴーンが逃げても不思議ではない、日本の裁判官は、最高裁判所レベルでも、基礎の日本語の読解力や作文力すらないんだから、理由が示さず、屁理屈こいて有罪にするでしょうしw裁判官国民国語審査会を毎年開くほうがよろしいかとw

裁判というのは、証拠があるわけですが、どの証拠を信用するものと決める権利は裁判官が決めます。そのため、地方裁判所で裁判官や市民の裁判員全員が疑わしいとした証人であっても、高等裁判所でこの証人の方が信用できるといえば、判決はひっくりかえる結構茶番な実態があります。*上告しても、原則高等裁判所も、最高裁判所も、地方裁判所に出された調書や証拠、証人の記録を改めて検証するために読むのがメインで、新規の証拠検討とか原則しない。

シンプソン事件では、刑事裁判で無罪となった後、民事裁判では陪審員たちに「Niocoleに起きた犯罪について責任があると考える証拠が優勢か」という質問で、直接の犯人でなくてもなんか責任があると考えれば賛成票が入れられるわけで、この民事裁判で勝ったからと言って、同じ証拠でシンプソンが刑事裁判で有罪になるかといえば、このブログでも指摘したように「証拠で真っ黒」だったのではなく、「証拠自体がパチモノの可能性が高い」以上、たとえ再裁判があっても、刑事裁判のレベルではシンプソンは無罪というのは変わりがないです。

民事裁判では、確実な証拠ではない噂クラスの話も証拠に持ち込めるし、刑事裁判ほど科学立証も厳密でないし、シンプソン側に有利になる証拠や証人などは極力排除して、裁判長が採用した証拠の中だけで判断するルールを最大限に利用したフシがあります。

日本のネット人は、シンプソン事件は民事裁判で有罪に近い判定がでたのだから、あの刑事裁判は間違いなのだ~とまるで遺族弁護士に頼まれたかのような、変なこと書いてる人たちが多数いますが、民事裁判と刑事裁判は中身が全く異なる、しかも性質も異なる裁判でした。

民事裁判では、陪審員がその声を聞いただけで意見を変えると言われた、Henry Lee博士の鑑定結果などの証言などの極力排除や、Fuhman刑事の証人呼び出しを裁判長が避ける。刑事事件裁判の証拠品としては重大な疑念が残る足跡の証拠も、厳密な科学証明がいらない民事裁判では有効に利用させたとか(関連記事)、刑事裁判をなんとしても否定させたい裁判長の意志が見られました。

また、この時期、シンプソンの主任弁護士だった黒人のジョニー・コクラン弁護士が、別の事件で、さらなるFBIの陰謀と犯罪捏造を暴き立てて、そのままで、「威信崩壊の警察とFBI」になる事態を避けたかった背景を疑わせるものがあります。

シンプソンもロス市警は、殺人共謀罪容疑(シンプソンが人を頼んで殺害した容疑にする)とかの別の容疑での立件ともう一回の刑事裁判は、やろうと思えばできますが、現実は何もしてないのが答えですね。

実際、民事裁判でシンプソンに味噌をつけることには成功し、金で動く弁護士たちから無罪を買ったと言う評判もでて、FBIが黒人解放組織に冤罪を仕掛けたと暴露し、更に裁判で大勝利したコクラン弁護士の評判を、「金に汚い黒人弁護士」と、ある程度は下げることができたのも事実です。

特に日本だと、こうした戦略が功を奏したのか、コクラン弁護士の人格は歪められて伝えられ、金で無罪を売る黒人弁護士と書く人たちもいますが、コクラン弁護士は、数々の冤罪を暴露しており、FBIから忌々しい人間と見られていたのですよ。

【Blender2.8】モデルの一部分、例えば、頭部、首の挿げ替えってどうするの?【基本モデリング】

権利的に改造が許可されているモデルとか、で、胴体を他のモデルに付けたい、あるいは頭部をすげ替えたい。あるいは自分で頭と胴体を別に作って後からくっつける場合の方法です。別に人体モデルの移植作業に限らず、服や家具などのモデルでも、別々に組み上げたモデルを合体させる手順として原理は同じ。

最終的にはそれぞれの頂点(Vertex)もしくは、Edge=辺をつなぎ合わせるわけですが、

まず、本格的に頂点(Vertex)を繋ぐ前に、擬似的に頭と胴体を合体させる作業がいります。まあ、つなげた後からやっても構いませんがw

大体つなぎ合わせたい位置に、頭部と胴体を配置し、

まず最初に画面の左上で、Object Mode にして、

10

胴体を選択し、Shiftキーをしながら頭部を左クリックして選択。

CTRL+Jを押すと、胴体と頭部が擬似的にひっつきます

ここでEdit Modeに入ります。

きちんと胴体と頭が、首として繋がるように、つなげる胴体側と、頭部の首部分の頂点のVertexの数が揃うように調整

どちらかのいらない頂点=Vertexを削除するのですが、マウスクリックでいらない頂点を選択し、Xキーを押します

まあ、頭部じゃないのですが、細かいことはご容赦いただいて、いらない頂点を選択して、Xキーを押すといろんなコマンドのメニューがでますが、この場合は、Dissolve Verticesを選ぶのが無難なのでそうしておきましょう(それぞれの効果はご自身で試してみればわかります.ちなみに関連記事は、「【頂点・辺・面の削除】頂点(Vetex)モデリングの基本操作【入門講座編】」)。多少形がおかしくなっても、頭部と胴体をくっつけた後にまた調整しなおせばいい。

11

さて、今度は、

辺=Edgeボタンを押して、

8

つなぎ合わせる胴体と、頭の、接続部分のEdge=辺をShiftキーを押しながら、マウスで左クリックで選択していきます。

終了したら、EdgeからBridge Edge Loopsを選択すると、首と胴体の間に新しいメッシュ面=Faceがはられ、首と胴体の合体が完了 首周りのポリゴンが乱れているなら整理しましょう。

9

後は、もしモデルを動かすことが目的の場合、ボーン=アーマチュアの修正や、もし、顔の表情を司るShape Key(シェープキー)が消失しているなら、元のモデルからShape Keyを改造モデルに転送して終了。

動画で言えば下の動画の5分40秒から似たような作業が見れます。